山は性癖です。

年間獲得標高32万7000mを登る予定の女が 走行履歴を綴るだけのブログです。

2018年の予定と某番組収録の振り返り。

明けましておめでとうございます。
どうも、年明けてから絶賛デブ期の篠です( ˙꒳˙ )

今回は今年の大まかな予定を整理して、某番組収録に参加したことを振り返ります。


◆2018年イベント関連の参加予定◆

・4/15 ツール・ド・草津
・4/21 GSR CUP
・5/20 榛名山ヒルクライム
・6/10 富士ヒルクライム
・7/8   The PEAKS Round5
・8/19 北海道そらちグルメフォンド
・8/25 乗鞍ヒルクライム(仮)
・9月  赤城山ヒルクライム
・9/30 The PEAKS Round6

また気になったイベントがあったらぶっ混む予定。


有難いことに8/19に開催予定の北海道そらちグルメフォンドにゲストとしてお招き頂きました。
初めての北海道なので、今から楽しみで仕方ないです。(✧_✧)
まあ…ゲスト一覧がえらいことになっていましたね…オフ会かな??


まあ…いろいろありましたね…
某番組で獲得標高が桁違いの坂バカ女子として紹介されたり…雨の中で伊豆半島一周したりしましたね…
普段では絶対走ることはないだろうという方々と一緒にライドできました。本当にたくさん刺激を受けた貴重な2日間でした。

番組の収録で1日目はTSSを競う形式を取っていたので、所持していない自分はパワーメーターをお借りすることになりました。
※使用したパワーメーターはリアホイールごと取り替えるパワータップ。

収録前夜に20分FTP計測で値を出しました。(仕事明けに向かって睡眠不足で翌日の走行に響きそうだったので15分と短めの計測)

あくまで目安ですが、はっきりとした数値で自分を客観的に見れるパワーメーターにとても魅力を感じました…
ええ、そうですよ。
欲しくなったから軽率に12月にGUMIN Vector3ペダルを導入しましたとさ…(✧_✧)


割と2日間ともついて行く為にかなりオーバーペースで走りました。
使われていないカットも多いですが、

(´-`).。oO(チャ〇ダー★って番組は本当にガチで走ってるわ…すみません軽く見ていました!って何回後悔したことか…

上手い方々の走りを直に見ることができて、自分の登り方やペダリングを一から見直すきっかけにもなったので、とても勉強になりました。
番組参加以上に、沢山の収穫を得られたので本当に声掛けて頂いたことに感謝し切れません。

番組をきっかけで歳の近いテラ強い女子の友達もできたので、篠ゴリラ歓喜です…(°∀° )/イェイ


今年はパワーメーターを活用して、少しでも無駄を無くして精進したいと思います。

気ままに山登るだけで楽しかった奴が今年は走力伸ばしたいって言い出すと違和感があるかもしれないけど、
速くなる為に頑張るというより、楽しくするために速くなった方がいいと思った。
今より走れるようになったらめっちゃ楽しくなるだろうなあって…色んな楽しみ方を選べるようになるって素敵なこと。

しっかり体のメンテナンスにも気をつけて、末永く山を楽しんでいきたい所存です。(*´ω`*)



不束者ですが、今年も何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m




坂苦手マンから山キチになるまでの話⑦

どうも、篠です。

今回の更新はこちらの記事の続きになります。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


■数字は仲間■


突然ですが、
私はガーミンを購入してから山が何倍も楽しくなりました。

あっ、回し者違いますよ(笑)



2015年の年末に購入して、未だに使いこなせていませんが、私に大きな影響をもたらした物です。
私を獲得標高沼に陥れた元凶とも言えます(笑)

それまではキャットアイの5000円前後のサイクルコンピュータを使っていました。
スピードセンサーと距離しか計測できない簡易な品。

そのサイコンの不調が続き、買い換えようと思ったのがきっかけでしたね。
どうせ新しく買うなら心拍数やケイデンスなど測れるものが欲しいってなって…

3万円前後のキャットアイに目を付けましたが、店員のお兄さんにアドバイスを求めたら、予算が大丈夫であれば、地図表示GPS心拍計測勾配表示パワーメーター同期(別売)諸々欲しい機能すべて詰め込んだガーミンは最高にオススメですがいかがですかっ!!!と。

まあ…中途半端にいいものを買ってもどうせ後から物足りなくなるだろうと悟りを開いた人種()なので、当然躊躇なく9万円のガーミン1000jを買いましたね。(*´ω`*)


モニター表示は自分でカスタマイズできるので、表示できる項目が多いのはすごく魅力的。


ちなみに私のカスタマイズはこちらです

スピード
獲得標高←1番見やすい位置
カロリー/ケイデンス
勾配/走行時間
時刻/距離




走りながら勾配のパーセンテージが分かることには一番感動しましたね…
そして走ったルートが自動的に記録される上にアプリで分析取れるとか、何なのこのハイテク!?ってなったアナログ人間です、はい。
今まで走って終わりのライドも、走ったあとの記録が楽しみになってきました。




そして、
走りながらガーミンとにらめっこする日々が始まりました。
ワクワクが止まりませんでした。


数字に囚われるのはよくない、
数字の中に景色はない、
もっと自由に走るべきだ。

とよく周りから聞きます。


もちろんそれは間違っていません。
でも個人的に、それはある程度まで走力が付いて、自分がイメージしている走りを難なくこなせるようになった人がいうセリフだと思います。

まだまだ初心者で発展途上の自分には、
数字は一番客観的に自分を観察かつ分析できるツールだと考えています。

やっぱり目に見える数字はうれしいものです、エネルギーに繋がります。(*´ω`*)


ロードバイクというスポーツを選んだからには、より洗練された走りを追求することは決して悪いことではないと思っています。

レースに打ち込む人もいれば、ゆるりカフェライドを楽しむ方もいるけれど、

もっとスマートに走りたい!

というのは、自転車乗りなら誰しも思っていることではないかと…(*´ω`*)



自分の走りに不満が微塵もないならまだしも、不満を抱きながらも数字にこだわるのはよくない、景色を楽しむために走っていると自分に言い聞かせるのは逃げてしまうのと同じことだと自分を見つめ直しました。


絵を描くのと同じ、基礎ができていないと創作はできない。
私はこの趣味ともっと長く付き合って行きたい、
いろんな楽しさを引き出せるようになりたい、
だから自転車とちゃんと向き合いたいと思いました。


性格故か、
楽しんで、時々悩んだり挫けたりして、それでもやはり好きで好きでやめられないのが私と趣味の付き合い方なのです(*´ω`*)







■実は勢いで引越しましたの巻■



ロード乗りの知り合いはほとんどいなかったため、土地勘もなく、ヒルクライムは〇〇峠とか〇〇山などのメジャー所しか知りませんでした。
恐らく山を登り始めた頃の皆様も、〇〇峠だけ登る為に出かける日々が多かったのではないでしょうか?


実は2016年の4月まで新宿区甲州街道沿いに住んでいました。
奥多摩まで50km、秦野まで60km、箱根に行こうとしたら片道90kmなので、山のアクセスがとっても悪かったです。(_๑òωó)_バァン


幸い、新宿は小田急線が通っているので、秦野付近や小田原までは1本でいけます。
一度輪行の蜜を味わってしまえばもう山まで60km以上交通量の多い国道を自走する気には到底なりませんでした。
自走する時間さえ省けばより多く、ゆっくり登りを楽しめると悟りました。


朝5時起きで6時発の特急に乗って小田原に通う生活を3ヵ月以上続けました。
(今思うと、よく頑張ったなあっと…)

ヤビツ峠、足柄峠、箱根R1、箱根旧東海道、あたみ梅ライン(熱海峠)、山伏峠(伊豆)など、秦野と小田原を起点にいろんなコースを引いて走りました。
週一で芦ノ湖に通ってたせいか、常駐の店員さんに顔覚えられて今でもいけば挨拶し合う不思議な関係に(笑)



ん…
運命という言葉はあまり信じてないけれど、山に導かれたと思いました。


2017年の1月に、相模原住みのコスプレ繋がりの友達に自分のホームコースを案内してもらう機会がありました。

「宮ケ瀬」という地名はその時に初めて知りました。


ダム湖と聞いて正直あまり期待していなかったのですが、市街から4kmで10%の坂を登り始めるし、えらい坂だらけで、一周回っただけで峠一つも登ってないのに700mぐらい登ってたことに衝撃を受けましたね…(笑)


獲得標高700mといえば、ヤビツ峠一本とほぼ変わらないです。
長い峠じゃなくても、登った高度はちゃんと蓄積されていくし、ヒルクライムだけでは体験できないインターバル走れる…?????(*゚ロ゚)ハッ!!


自分の中で

【ヒルクライム】と【獲得標高】

の概念が完全にひっくり返った瞬間でしたね。



より高い標高の山を登ることに夢中でしたが、低い山でも開始地点の海抜さえ低ければ、上昇量は高い山と変わらないのです…低い丘を何個か繋げて走ると一本の長い峠以上に登ったり疲れたりします。
当たり前のような話ですが、はじめの頃はこれが盲点でした(笑)


友人とのライドをきっかけに、橋本まで輪行して相模原周辺の探索をする日々がしばらく続きました。


街から10km圏内にインターバルがあって、どこを走っても登りと下りしかない地域。住宅地が分布されてるから細かい道に網羅され、気分次第で走りながら行き先を自由に変更できる。同じ峠を登って下るだけより、違う道繋いで渡り歩くのが新鮮で飽きないし楽しい…
神奈川を拠点に上に行けば埼玉、左に行けば山梨、ほとんどの峠道は自走圏内に入る???
橋本めっちゃええところじゃん!!!!(*゚ロ゚)

ってなりましたね。




善は急げというか、
山のアクセスを優先し、物件探しを始め、
めでたく2ヵ月後に引越しが決まりました。(*´ω`*)?


ついでに?仕事も連休が取りやすく、
自転車乗りやすい職業に変えておきました。(*´ω`*)??


すべて勢いでしたが、
後悔していません。(*´ω`*)???




そうです…

これで、思う存分山が登れる為の最高にいい条件が出揃いました。

①休みがしっかり取れる仕事
②山から近い場所に住む


気が付けば、
山に人生をかけてしまいました。(*´ω`*)





長くなってしまいましたので、
ここで一旦切ります。


ではでは。(´ー`)/~~

9/3 The PEAKS Round4制限時間内完走✨

どうも、篠です。(´▽`)

今回の記事は、
先日の9月3日に開催された
『The PEAKS Round4』の振り返りになります。


★The PEAKSとは
194km、獲得標高6137m
     (上昇量500m前後の誤差あり)
を制限時間13時間37分以内に走り切ることで完走と見なすイベントです。


今回は4回目の開催となり、私自身は2回目の参加になりました。
前回のPEAKS3のレポ


正直、獲得標高5200m超えを登るのは初めてなので、走り切るまでは完走できる確信もなく、最後まで余裕がなかったビビりです!そんなの嘘だぁあ!とか言われるかもしれないけど、ホントです。
_:(´°ω°`」 ∠):_



■出走前

今回は前回一緒に参加したチコたん、うめちゃんと3人で当日トランポで向かいました。
夜中1時過ぎに自宅までチコたん号が迎えに来てくれて出発する予定だったのに、20時にベッドに入って電気消してもなかなか寝れず…
いつもの遠足前の小学生気分…
結局一睡もできずに出発するハメに…

起き上がった瞬間の頭のぼうっとした感じも、足全体が鉛詰まってるような感覚も、とても体調が万全じゃないと分かった、分かってしまった。

(´-`).。oO(やっべぇ…大丈夫かな今日

って軽く弱音を吐きそうになったのはここだけの話。

7月に試走した時のメモを見返しながら、落ち着いて無理のないペースで走れば1時間半の貯金は普通にできるから大丈夫!って自分に言い聞かせました。
足切りまでしか試走しなかったので後半は根性でどうにかするしかないなあと…


道の駅小菅臨時駐車場に着いたのは3時30分前後。車外の冷たい空気が夏の終わりを物語ってた。
受付は4時からなので、車内で30分ほど仮眠タイム。せめてもの救いでここはちゃんと眠れた。

ゆっくり用意してたら結局4時半ギリギリになって受付に駆けつけたというお決まりパティーン(笑)



■PEAKS本番

走行ログ改めて見返したら、スタートが4時38分近くでした。
つまり松姫スタートのビリで出発しました。(変態&ド変態除く)
わいとチコたんとうめちゃん3人、こっから追い上げだ!🚵‍♀️🚵🚵‍♀️

気温は10℃前後、走り始めは肌寒かったけれど、登り始めっちゃえば非常に心地よい…

足が重くて心拍もなかなか上がらないけど、松姫峠の登り口まで行く途中で既に何人か追い抜きました。
皆さん思った以上にスローペースで登ってるかも…?

松姫は3人で駄べりながら登りました。
松姫峠はアップだから、ペース作るよ!35分ぐらいで登るよ!ってうめちゃんとチコたんに言ったのに、好きな峠だと足が回るから結局31分ペースで登ってほぼ先頭に追い付いてしまったやつ…()

松姫の途中で見えた雲海は最高に綺麗で、暗闇の中で登った甲斐がありました。

登りに入ってから少しずつ目が覚めて、足が回り始める
ブレッブレの写メ
ラスト1kmの登りで少しずつうめちゃん達と離れ始めたけど、通過チップ受け取ってる間に登ってきた。
ダウンヒルもセーブしているとはいえ、普通の人より?速いらしいから、そこでも若干距離が開いた。

小菅まで戻ってきてゆっくり流しながら今川に向かうと、気付けば後ろにトレインらしきものができてた()

ん…?これ、もしや初見さんがいます?(´▽`)

結局道案内も兼ねて先頭を走り続けることにしました。

足使わない程度に回してゆっくり登りながらうめちゃんチコたんと合流するつもりだった…けど、後からよく考えれば、立ち止まらない限り追い付かれないよな、そうだよな、ホントさぁせんでした!!!/(^o^)\


道の駅たばやまのT字路でまたも後ろに人が止まってた。
なんかね、お初の方多いね…しゃあない、案内するかってなりました。話し相手欲しいしな(´▽`)

柳沢峠は静岡の方?からいらっしゃった方と一緒に登りました。
上日川峠登る足を溜めたいから柳沢は流すつもりでペース走。
ラスト4kmぐらいで見覚えのある栃木レモン牛乳ジャージが目に入る。


わい『ああ!!!レモンおじさんだ!!!コーラさんっ!!!』

コーラさん『あれ??篠さんwww』


コーラさん御一行です、
イベントで知り合いとエンカウントは嬉しいですね。( •̀ω•́ )✧

静岡の方連れて栃木レモントレインに入ったり出たり、最後は一緒に柳沢ゴール(笑)

そしてなぞの自己べ更新…

最初のエイドでドリンクとブラックサンダーをかっさらっていく。

スタッフさん『松姫スタートですか?速いですね』

って言われたけど、余裕がそこまで無いから、とりあえず食ってさっさと下ろうと思った。

エイドいっぱい人いるけど、みんな松姫違うの?と思ったり( ˙-˙ )


下る前にチコたんとうめちゃん到着。
思ったよりずっと速く来てる、さすが!心の余裕がないわいは再スタートする。



コーラさん『…おい、やめろ、わざと同じタイミングに出ようとするのやめろ/(^o^)\』


わい『え?なんで??こんなにもコーラさんと走りたいと思ってるのに酷い(T^T)』


でも下りはわいが先行した…やはり下りは速いらしい()
上日川峠の登り口の分岐でトイレに行ったらレモンおじさんに抜かれて、その後背中を見ることはなかったとさ…なんだかんだ言って速い( ˙-˙ )っ🔪



レモンおじさんを追いかけるのはやめて、チンタラ登ってたら雪ミクさん御一行にエンカウント!
どうも足攣ってて、調子がよくないらしい…皆さん速い人だけど、こういう時でないと一緒に走る機会もない、せっかくだし、ここは話し相手になってもらおうと思った。( •̀ω•́ )✧

上日川峠塩山側が個人的に今回のPEAKSで一番足を溜めないといけない峠だから、やり過ごすぐらいの巡航で登りました。
みんなで話ながらだとより短く感じるよね°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.


雪ミクさん、イケヒロさん(お初)、パンダさん(お初)、その他

抜くならいつでもどうぞって言ったけど、みんな足溜めてるのか、またも野郎を引き連れて登るシュールな図が(´▽`)

ちなみに、皆さんは今川スタートド変態エントリーです(1時間遅れスタート)



柳沢峠は律儀に200m間隔で残り距離の看板を立ててあるから、ちんたら登ってると進んでない感が凄い(笑)

やっと残り3km地点過ぎて、見渡しがよくなったところで柳沢峠のループ橋が眺められる。
今回写真取り損ねたけど、こんな感じだよ。


わい「おぉ!!すげぇ!見て!ループ橋!」
雪「この後またあそこに登って戻るんだよ(笑)」
イケ「やめろ/(^o^)\」


九折を一個過ぎ…また見えて…


わい「おぉ…!」
雪「ループ橋(笑)」
わい「この後またあそこまで登るんだよ(* ॑꒳ ॑* )⋆*」

ツボに入ったのか、爆笑しながらこの会話を繰り返す
無限ループやり取り楽しかったな…
自虐感半端なかった(´▽`)


8時ぐらいに一回目の上日川峠通過。
今回のエイドはポテチとおにぎり以外に、180kcalのゼリーも追加されてる。
ライド中に固体物があまり食べれない私にとってはとても有難いこと。神!
一個飲んで一個背中に突っ込んで出発。

下りでパシャリ、ここ、雲がかかってなかったら富士山がもっと綺麗に見える場所なのだよ。


上日川峠甲斐大和側はとにかく長い…
19km前後あるから下りですら長く感じる。
登り返しも19kmで900アップしかしないし平均勾配低いのくせに、平地と10%超えのミックスだから足に優しくない構成。


途中でツイッターのフォロワーさんに何人も会って一緒に登ったりしてた。
そのうちの3人組(ピータンさん?)が以前ブログに書いた即興長野一人旅のコースを夏休みになぞって走ってくださったらしいから、恐れ多いったらありゃしない(-人-)

うめちゃんとチコたんともスライドした( •̀ω•́ )✧

黄金のタレをかましながらも何とか予定通りに登り返した。

お昼からエイドにカレーが追加されたけど猫舌過ぎて、カレー食べるのに20分もかかって10時50分過ぎに再スタート()

上日川塩山側の下りは道狭い上に対向車多いから渋滞がひどかった…ヒヤヒヤしながらなんとか無事に下れました。


柳沢峠の7.5kmの登り返しは34分ペースで登った。
気温上がってきたしかなりセーブしてたつもりだけど、ベストタイムと20秒も変わってない謎事件…やはりイベント効果でアドレナリン出てたからだろうか。

途中で神無月さんをナンパして一緒に登ったり、

ピータンさん達と再び合流して登ったり。

上日川峠で散々ネタにしてたループ橋、実は大好きな場所なのです。芸術的な曲線美(* ॑꒳ ॑* )⋆*

柳沢峠再び通過したは11時36分。
予定より6分遅い。


お昼から柳沢峠峠の茶屋でソフトクリームが無料で食べれる、暑い日は有難い!


けれど、消化器官が弱ってるせいか、クリーム系が無理で頑張って突っ込んだけど食べきれなかった/(^o^)\
仕方ないからリアルゴールドがぶ飲みして再スタート。

柳沢峠の下りもとりあえず先行したけれど、道の駅たばやまに着く頃にはまた後ろにトレインができてた…



ピータンさん「下りも速いっすね」

わい「まあ…月に3万登ってその分下ってるからある意味経験値というか…全然嬉しくないスキルですけどね/(^o^)\」


下りが速いのはなんか素直に喜べなかったり…



中間足切りポイントまで一緒に走って、今川スタートド変態エントリーのピータンさんとお別れ。



12時49分に足切りポイント通過しました。
制限時間が14時20分までなので、1時間半貯金がある!三└(┐卍^o^)卍

軽く補給してトイレ済ませて13時過ぎに再スタート。



あとはマイペースに登り続ければ完走できると分かったけれど、正直めちゃくちゃだるくてこれから風張峠に向かうのが精神的にしんどかった_:(´°ω°`」 ∠):_


ミスコースして原始村から奥多摩に抜けたから、誰にも会わず…
風張峠登り直前になおさんに抜かれる。


(´-`).。oO(あれ?なおさんド変態エントリーだったよね???速い!!


補給が少なかったせいか、ハンガーノック気味。
風張峠の12.2km登りがめちゃくちゃ長く感じた…黄金のタレをかます。

でもこの時点で既に5000アップなので、もう5000も登ってるから、あと1000登れないわけないだろ!誤差だよ誤差!
って自分に言い聞かせた。



数馬の湯にある最終チェックポイントを通過したのは14時30分前後。



スタッフさん「速いっすね!女子一位ですよ!」

わい「え?ホント?誰も来てない??」

スタッフさん「そうですよ、むしろこんな時間にきたのびっくり(・∀・)」

わい「………まじか!めっちゃ嬉しい(* ॑꒳ ॑* )⋆*」


正直タレまくったから自分ではめっちゃ遅いと思い込んでた…(´-`)



最終チェックポイントには何も補給がないけど、テーブルにバナナ3本が置いてある。
体がエネルギーを欲してる


わい「すいません、バナナ食べていいですか、ウホッ」

スタッフさん「あ、どうぞどうぞ」

💪(^q^💪)うほっ、ゴリラ歓喜



バナナ食べてからめちゃくちゃ元気になった💪(^q^💪)うほっ


あとからブルベ民のなおさんに聞いたら、ライド中にできるだけ生物摂取した方がいいらしい。酵素の力ってすごい!感動した!




ここから残り30km、約800mアップ。

呑気に登り返す。

足は大丈夫だけど、ガーミンの充電3%しか残ってないことが問題だ…大ピンチ(笑)



登り返しでチコたん&うめちゃんとスライド。


わい「大丈夫!!あと2時間貯金あるからいけるいける!!!!


チコ&うめ「d('∀'*)d('∀'*)」


わい「あ!!あと!充電器貸して!!!充電器欲しい!!!!!」




チコ&うめ「……d('∀'*)d('∀'*)」


わい「おぃいいいいwww絶対聞こえてねぇだろ!!www」


わいの無惨な叫びは風に飲まれていった…



都民の森に着く頃、もうバッテリー切れた状態で帰るしかないと半分諦めてたら、PEAKS中に何度もすれ違って会話した方に会いました。

わい「ええと…すみません、携帯の充電器持ってたりしません?/(^o^)\」

神「ありますよ。使います?」


あなたが神か!!!


初対面の方から都民の森手前で携帯バッテリーを受け取るの巻、
なに、PEAKS暖かいイベント過ぎるやろ!そしてお名前聞きそびれてしまいました!😭😭😭

ゴール地点でバッテリーを返す約束をして、今度こそ安心して帰りの道を流す。


安定のミスコースをして、最後の最後に原始村のクソ坂を登って帰るわい…


再び松姫峠の麓に戻ったからもう一回登りたい欲に駆られたけど、我慢してゴールへ。



16時12分に無事ゴール。
ミスコースして6km&100m↑近く増やしてしまったけれど、なんとか(-人-)




パネル前で記念撮影(* ॑꒳ ॑* )⋆*




山は性癖です!💪(^q^💪)うほっ



ゴールで待ってたらうめちゃんが先にきた。約30分後ぐらいかな?


(*^ω^*)「チコたん置いてきた!」

わい「置いてきたんか!!!」


なんと、女子ワンツーだって!
(・∀・)人(・∀・)



続いてチコたんゴール🎉
というか1ヶ月半前に鹿の衝突事故に合い、よくぞここまで回復した、すげぇよ!😭

3人の記念撮影三└(┐卍^o^)卍



今回わいはどっちかというと1人で走りながらいろんな方をナンパして、何故かどの峠でも人を引いてたスタンス…
「もしかして篠さんですか」って10回ぐらい言われたし、「ブログ読んでます」とか言われたから面白かった…



■PEAKS4のGARMIMデータ

グロスタイム⇒時間11時間34分59秒
グロスアベレージ⇒17.3km/h
移動時間⇒10時間26分59秒
平均移動速度⇒19.2km/h

平均ケイデンス70


かなり省エネモードだ…


今回試したのは丸1日ペダリング変えて走ってみたこと。

緩斜面(平地~7%)は後ろ乗り、10%越えてから前よりに座る。できるだけインナーローケイデンス80、しばらく回したら勾配変化するところでダンシング。15%超えは体重落とすダンシングでやり過ごす。
翌日になっても太ももの全面は筋肉痛殆どない、ハムがやばい…ストレッチするとめっちゃだるい…
間違いなく今までの前乗りポジションよりロングで長く持つ。

まだまだ登り方で改善できるところしかないと分かって、めちゃくちゃテンション上がった💪(^q^💪)うほっ




走行中に一緒に登ってくださった方々も無事ゴールしたと聞いて自分の事のように嬉しかったです。



諦めなければ完走できる。
完走した者はみんな勝者。
参加者はみんな仲間👯

試走した時は苦痛でしかなかったコースでしたが、イベント当日はホント楽しい…
全国の坂好きが集まるミラクルイベント(* ॑꒳ ॑* )⋆*


今回も大変楽しませていただきました!
主催に感謝です。
次回も懲りずに参加したいと思います(笑)






ギャラリー
  • 2018年の予定と某番組収録の振り返り。
  • 2018年の予定と某番組収録の振り返り。
  • 2018年の予定と某番組収録の振り返り。
  • 2018年の予定と某番組収録の振り返り。
  • 2018年の予定と某番組収録の振り返り。
  • 坂苦手マンから山キチになるまでの話⑦
  • 坂苦手マンから山キチになるまでの話⑦
  • 9/3 The PEAKS Round4制限時間内完走✨
  • 9/3 The PEAKS Round4制限時間内完走✨